カテゴリ: スポーツ障害, 膝関節

町田市でのむちうち・交通事故治療は
治療実績NO.1の
【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】

ボディメンテナンスKeiwa公式ホームページ→http://bm-keiwa.com/

--------------------------------

 

オスグッド病とは?

オスグッド病とは、
思春期の男児に多くみられる膝下の痛みで、
スポーツをしているお子さんに多い症状です。

 

成長期の子どもの膝下(脛骨粗面)は、
まだ軟骨部分が多く弱いので、運動などにより、
繰り返し同じ部分に負担がかかり過ぎると、炎症が起こります。
骨や軟骨の一部が浮いたり、はがれてしまうこともあるようです。

 

膝下が大きく腫れていたり、痛みがひどく歩くのも苦痛な時は、
一度ご相談ください。

 

 

 

オスグッド病の原因

 

  • スポーツで疲労が回復する前に、さらに負担をかけている
  • 運動の前後にストレッチなどをきちんとしていない
  • 体が固い
  • 片足に負担がかかっている
  • 同じ動きを繰り返し行っている

 

上記の様なことで、同じ部分を「使いすぎている」事があげられます。
成長過程の体はとてもデリケートです。

 

同じ動作を繰り返し行って、骨や腱、筋肉等に疲労がたまると、
オスグッド病などのスポーツ障害が起こります。

 

走ったり、跳んだり、蹴る動作は、
太ももの筋肉(大腿四頭筋)が収縮します。

 

この筋肉は、膝蓋骨を介して、脛骨粗面という膝下の部分に
付着しているので、繰り返しの動作により付着部分が
引っ張られると、炎症が起こります。

 

ひどくなると、脛骨粗面の軟骨が隆起や乖離が
起こりオスグッド病となります。

 

 

 

偏ったからだの使い方

 

同じスポーツをしていても、痛くなる人と
痛くならない人がいます。

 

膝の痛みは、膝だけが原因と言うわけではなく
体全体のバランスが崩れて膝に過度な負担が
かかるために起こります。

 

身体を左右対称に使えるのが理想的なのですが、
普段の姿勢やクセ、そのスポーツの動作特性などから
左右を均等に使うのは非常に難しいことです。

 

自然と身体の重心が崩れ、それに伴い、身体も左右対称でなくなり
骨格が歪んでしまうのです。

 

結果的に、偏った身体の使い方をしてしまうことになります。

 

オスグッド病の子どもは、両方の足が同時に痛くなるのではなく、
最初は片方の足が痛くなって、それをかばっていたら、
今度は逆の足が痛くなった、というパターンがほとんどです。

 

オスグッド症は、運動する時や日常生活の
偏った身体の使い方に起因するのです。

 

 

 

予防と治療

 

症状が軽いうちは、運動を制限すれば良くなりますが、
我慢して運動を続けていると、歩くのもつらく、
ちょっと膝を曲げ伸ばしするだけで激痛が走るようになります。
そうなると、運動をしばらく休止しなくてはならなくなります。

 

スポーツをしている子どもにとって、
しばらく練習が出来ないということは、相当のストレスになります。

 

 

普段から出来る事は、ストレッチを入念に行い
疲労を残さないことです。しっかりと筋肉を伸ばすことで、
腱の部分が引っぱられるのを防ぎます。

 

また整体などで早めに体を整えて、正しい体の使い方を
覚えることが大切です。

 

 

--------------------------------

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある
【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】です。

玉川学園前(徒歩0分)

〒194-0041
東京都町田市玉川学園2-11-21-3F
TEL 042-738-2211

休診日:日曜、祝日

平日・土曜も22:00まで営業しております。

 

 

新宿に系列院

新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。

新宿整骨院のサイト→http://www.p-keiwa.com

 

相武台前に系列院
恵和整骨院】もございます☆
相武台前駅からスグです。

恵和整骨院 → http://www.keiwa-seikotsu.com/

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。