カテゴリ: シンスプリント, スポーツ障害, 足関節

 

シンスプリントとは?

シンスプリント。スプリントという名前からして走る競技をする人に
よく起こりそう病気ですが、その通り、スポーツをやっている方が
多く痛めている場所です。

 

シンスプリントとは脛骨疲労性骨膜炎の事を指し、 主な症状は
足のスネの真ん中に骨がありますが、その骨の内側部分が
痛みだします。
スポーツをやっている方、特に短距離や長距離をする 陸上選手、
バスケットボール選手や野球選手、走りこんだりする事の
多いスポーツ 選手はよくなりやすい病気です。

 

特に中・高校生など学生の時に、試合が近づいて練習に打ち込み、
追い込みすぎて痛めてしまう事が多いと思います。

 

 

シンスプリントの原因

シンスプリントは、すねの骨の内側
または外側 が痛む症状ですが、 すねの周りには「ヒラメ筋」
「腓腹筋」「前脛骨筋」 など様々な筋肉 が付着しています。

 

例えば「ヒラメ筋」は、走る・歩く・ジャンプをする時に
よく使う筋肉です。 その動作をするたびに強くギュッ!ギュッ!
と緊張をして、 すねの骨膜 を引っ張ります。

 

この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が続くと、
引っ張られている 骨膜が耐えきれずに炎症が起き、痛みが起きます。
これがシンスプリントになる原因です。

 

難しい説明になりましたが、シンスプリントの原因は硬くなった筋肉
だと理解していただければOKです。

 

シンスプリントを完治させるためには「硬くなった筋肉」を柔らかく
すればいいのです。ただ、筋肉を柔らかくする前に練習を休まないと
思うような治療結果がでないことを先にお伝えしておきます。

 

では、その前になぜ、シンスプリントを起こしてしまう筋肉が
硬くなったのでしょうか?これを知っておくと再発を防止することができます。

 

1:地面を蹴るような走り方をするとふくらはぎの筋肉が硬くなる

シンスプリントになりやすい人の体の動かし方として
「地面を強く蹴るような走り方」をしていることが多いです。

地面を強く蹴るとふくらはぎが疲労しやすく足の指も硬くなります。
足の指が硬くなるとすねにかかる負荷が増えます。

2:練習後にアイシングをしていると筋肉が硬くなる

あなたは、練習後に必ずアイシングをしていませんか?

アイシングは、今日限りやめてください。
患部が内出血を起こし、腫れてズキズキ痛むときにはアイシングは
有効ですが、 普段のケアとして行う必要はありません。

反熱作用を利用して、血流の促進で疲労回復のためにアイシング
を 行われることもありますが、血流の促進効果は、
温めたほうが効果は高いのです。

この筋肉が硬くなった状態でさらに練習を繰り返していくと
シンスプリントになってしまう確率も高くなるでしょう。

3:痛みを我慢しながらストレッチをおこなっていると筋肉が硬くなる

ストレッチは、「気持ちいい」と感じる程度であれば効果的ですが、
痛みを感じるほど伸ばしてしまうと、筋肉が硬くなります。

痛い方が効く気がしまうが過度なストレッチを続けると、 筋肉が
硬くなり、シンスプリントを起こす原因になるので注意しましょう。

ストレッチは、正しい方法と、適切な量を覚えましょう。

4:自分に合ったくつを履いていないと筋肉が硬くなる

靴「砂浜」や、「じゃり道」のように足元が不安定だと、
バランスをとろうとして、筋肉に無駄な力が入ります。

このように間違った靴選びをしてしまうと、足元のバランス
が崩れ、 足に大きな負担がかかります。
とくに、これらの靴は足に負担をかけてしまいます。

  • かかとに高さのある靴
  • クッション性のある靴
  • ひっかきの強すぎるスパイク
  • 靴幅や、サイズの合っていない靴

シンスプリントの原因である「筋肉を硬くしない」ためにも、
靴選びはとても重要です。

5:チームの練習メニューに問題がある

あなたのチームには、他にシンスプリントの子はいますか?
もし、いるのであればチームの練習メニューの中に
シンスプリントを 起こしやすいメニューがあるのかも知れません。

一度、練習メニューを見直して負荷がかかりそうな練習メニュー
があれば監督と相談してください。

6:足底のアーチの崩れや、O脚など足・骨盤のゆがみがある

同じ練習メニューでもシンスプリントになる子とならない子がいます。

その違いは何かというとメンテナンス不足などもありますが、
練習中の筋肉への負担の掛かり方が違うのです。

足のアーチがなくなれば 走った時の衝撃の受け方が増えますし、
O脚などがあれば一部の筋肉ばかりに負担が掛かります。

骨盤の歪みがあり、片脚ばかりに重心がかかりやすいと、
そちらの足の筋肉に負担が掛かります。

この様なゆがみが変わらないと、良くなってもまた痛みが繰り返しやすくなります。

シンスプリントの予防法

シンスプリントは一度なってしまうとなかなか治りません。
なぜ治りづらいかというと、完治するまでには何ヶ月もかかる病気だからです。

シンスプリントは誰もがなる危険がありますので、 痛める前から予防することがとても大切です。 シンスプリントの予防法ですが、これにはスポーツを始める前の準備運動、 スポーツを終えた後のクールダウン、日頃からのストレッチなどが 一番の予防だと考えています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】です。

〒194-0041 東京都町田市玉川学園2-11-21-3F

TEL 042-738-2211

 

休診日:日曜、祝日

平日・土曜も22:00まで営業しております。

 

新宿に系列院 【新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。
新宿整骨院のサイト→http://www.p-keiwa.com

 

相武台前に系列院 【恵和整骨院】もございます☆
相武台前駅からスグです。
恵和整骨院 → http://www.keiwa-seikotsu.com/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。