カテゴリ: 未分類

 

 

こんにちは。ボディメンテナンスKeiwa整骨院の
柔道整復師 杉野 裕樹です。

今回は膝関節の外傷のなかで比較的多く遭遇する
スポーツ障害の「内側側副靭帯損傷」について
お話していきます。

 

①まず、内側側副靱帯ってなに??

 

dict_img_099

 

 

 

 

 

 

膝関節は脛骨の上に大腿骨が乗るような構造なので、
骨だけではグラグラと安定しません。

その安定性を担ってくれているのは、膝の靱帯たちなのです。

 

今回は、膝の内側に着いている上の図の赤字で書かれている
靱帯になります。

 

この靱帯は、バスケットボールや、柔道、バレーボール
膝関節を多用する事が多いスポーツで起こることが多いです。

 

バスケ

 

 

 

 

 

②内側側副靭帯は何をしているの??

 

knee-in

 

 

 

 

 

 

 

 

主に、上の図のような動きを出すぎないように
内側から支えている靱帯になります。

 

この動きが過度に出てしまうと、靱帯が切れてしまい
膝関節がグラグラになって来てしまいます。

 

 

③どのように治療するの??

 

当院では、しっかり損傷度合いにより、
早期のアイシング、医師連携、最新の電気治療。
症状に合わせ固定を行います。ギブス固定や、スポーツ復帰の
テーピング、サポーターなど。


 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも重症な症状の方は、早急に医師
受診して頂く事もあります。

 

④なぜ、その靱帯に不可がかかってしまったの??

 

人間の身体には癖があり、それがゆがみとなって
骨格に現れてきます。

歪み

 

 

 
いわゆる、膝が内側に入ってしまう(knee in)
これは、骨格のゆがみがケガをさせやすくしています。

X脚の方や、関節が柔らかい女性も
注意が必要です。

 

また、そのゆがみが治らない限り、内側側副靱帯を何回でも
きってしまうので、当院では、再発しない
身体づくりをコンセプトに治療を勧めていきます。

 

 

 

当院は、出来るだけ患部以外の所にも着目して
全身的な調整を行う治療をしています。

調整

 

 

 

 

 

 

スタッフ一同、お待ちしております!!

 

それでは!!

 

———————————————————————————

慢性的な腰痛に悩まされている方!!

まずは自分の姿勢・身体と向き合ってみてください。

私たちスタッフが患者様ひとりひとりの症状と向き合い

姿勢改善のお手伝いをさせていただきます。

 

 

町田の整体!!町田の整骨院!! 町田で骨盤矯正!!

お悩みの方は当整骨院にご連絡ください!!

スタッフ一同お待ちしております!!

 

■■子育てママ応援キャンペーン!!!■■

ボディメンテナンスKeiwaでは

お子様との来院を電話でお伝え頂ければ、なんと!

お子様と一緒に治療が受けられるように 個室をご用意しています。

バウンサーなども完備していますので、赤ちゃんと一緒でも治療可能です!!

お子様を一緒に連れて行けない為に 治療が受けられない方は、

ぜひ当院にご相談ください!!

 

キッズルーム写真

 

-----------------------------

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】です。

【各種健康保険取扱・自賠責保険・労災取扱】

玉川学園前(徒歩0分)

〒194-0041

東京都町田市玉川学園2-11-21-3F TEL 042-738-2211

 

休診日:日曜、祝日

平日・土曜も22:00まで営業しております。

 

 

新宿に系列院 【新宿整骨院】もございます☆

新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト

http://www.geocities.jp/katamomiplaza15/

 

相武台前に系列院 【恵和整骨院】もございます☆

相武台前駅からスグです。恵和整骨院

http://www.keiwa-seikotsu.com/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。