カテゴリ: 産後骨盤調整, 股関節, 腰痛, 骨盤矯正

 

出産は女性にとって大きな喜びですが、
身体には大きな負担もあたえます。

 

出産後1ヶ月以上過ぎても矯正の効果はありますが、

産後1ヶ月程度のまだ関節の柔らかいうちに

骨盤矯正=産後矯正を受けることがベストです。

出産後、骨盤の状態はどうなるの?

自然分娩・帝王切開に関わらず、妊娠・出産は
骨盤にとても大きな負担をかけます。

 

BBBAB8E5A1A1B9FCC8D7B6BAC0B5A1A1BEB1C6E2A1A1B0C2BFB4A1A1A5A4A5E9A5B9A5C8

ホルモンの影響を受け、関節が柔らかくなるので歪みやすい

⇒赤ちゃんを生むために「リラクシン」というホルモンが

出るため、無理な姿勢で赤ちゃんを抱っこしたり、
授乳するとすぐにゆがんでしまいます。

 

⇒出産によって開いた骨盤が産後自然に閉じる時、ゆがみ

の全く無い状態で閉じることはほとんどありません。

 

 

出産によって恥骨の結合部分が歪んでしまう

⇒恥骨の結合部分が歪んだままでは、
骨盤周り、股関節などが痛む原因になります。

 

 

骨盤底筋郡がゆるむ

⇒出産後、会陰部分の痛みのために力を入れない
ようにするクセがついてしまうと、筋肉が弱まり
尿モレ、便秘、冷え性などの原因になります。

 

※「骨盤底筋郡」は体の奧にあるインナーマッスル。

ハンモックのように骨盤の底を支え、
子宮や膀胱、大腸などの臓器を支えています。

 

 

 

産後1ヶ月以内に骨盤矯正をおすすめする理由

母体は、妊娠7週目頃から「リラクシン」という
関節を柔らかくするホルモンを出して出産の準備を始めます。
リラクシンは産後1ヶ月まで出続けますが、
それを過ぎると急激に減っていき、関節は
元の硬い状態に戻ります。

 

つまり産後1ヶ月以内の関節が柔らかいうちに

集中的に整体を受けると妊娠中の重心の変化、
出産育児でゆがんんだ骨盤を整えやすく
妊娠前からある慢性的なゆがみも治しやすいのです。

 

産後1ヶ月は、一生のうちで身体のゆがみを

リセットする絶好のチャンスなのです!

 

 

どんな施術をするの?

骨盤や背骨の歪みや動きの悪くなっている箇所を
調整し、正しい位置に調整します。
また腹圧などを高めていき骨盤を締めていきます。

 

 

■■子育てママ応援キャンペーン!!!■■
ボディメンテナンスKeiwaでは毎週火曜
13:00~17:00まで

お子様と一緒に治療が受けられるように
個室をご用意しています。
お子様を一緒に連れて行けない為に
治療が受けられない方は、ぜひ当院にご相談ください!!

キッズルーム写真

 

 

 

--------------------------

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】です。
【各種健康保険取扱・自賠責保険・労災取扱】

医療機器も最新のもの、更に最高の技術を持ったスタッフを揃え
安心・安全・丁寧な施術で お待ちしております☆

 

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】

まで、お気軽にお問い合わせ下さい

玉川学園前(徒歩0分)

〒194-0041
東京都町田市玉川学園2-11-21-3F
TEL 042-738-2211

整体、電気療法、姿勢矯正、カイロプラクティック、運動療法

休診日:日曜、祝日
平日・土曜も22:00まで営業しております。

 

新宿に系列院

【新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイトhttp://www.geocities.jp/katamomiplaza15/

相武台前に系列院
【恵和整骨院】もございます☆
相武台前駅からスグです。恵和整骨院 → http://www.keiwa-seikotsu.com/

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。