カテゴリ: 耳鳴り, 自律神経, 骨盤矯正

 

耳鳴りには

 

・「ジー」という蝉の鳴き声のような音
・「ピー」という電子音に似た音
・「キーン」という金属のような音

 

その他様々な種類の音がありますが、
共通して言えるのは「音に邪魔されて日常生活に支障が出た結果、
精神的にストレスを感じる」という事です。

 

また、外見に現れないため、
「周りの人に辛さを理解してもらいにくい」事も
ストレスに繋がります。

 

これらのストレスが不眠・うつ・自律神経失調症など

の病気を引き起こす事もあります。

 

cd0ef1f876cae7c159b3799fd253ed03-280x186

 

耳鳴りの原因 – 心当たりありませんか?
耳鳴り発生のキッカケは大まかに3つあげられます。

 

■病理の影響を受けての発生

これはわかりやすく言うと、耳の病気や脳、脳神経、
あるいは内科的な病気の影響を受けて
発生するということです。

耳の病気の場合、代表的なもので
中耳炎・外耳炎・内耳炎・鼓膜炎と共に、
耳鳴りが発生する場合もあります。

 

これらの耳の病気は病態がハッキリしているため、
耳鼻科での診察や判断・処置も比較的執り行いやすいようです。

 

つまり、もしこうした耳の病気があるようであれば、

この病状が快方に向かうと同時に、
耳鳴りも軽減していくという事になります。

 

 

■筋骨格系の緊張が影響して発生

先ほどのキッカケが「病気」だとしたら、
こちらは身体的な「習慣」ということになります。
つまり、肉体の癖や性質ということです。

 

わかりやすいので言うと、

肩こり・首のコリ、アゴの違和感や背中の痛み、ゆがみ

例えば、肩こりが酷く、
その影響で耳鳴りが発生していた場合、
肩こりを引き起こす体の歪みを整え、
肩こりが落ち着けば、耳鳴りも自然と消失するということになります。

 

 

■心理的ストレスが影響して発生

これは知られているようで、ほとんど知られていない原因です。
また、その影響力は先にあげた「病気系」や「骨格系」よりも
大きく強いものがあります。

 

現代社会を見渡すと、この影響を受けていない人を探す方が難しいかも知れません。

では、心理的ストレスの場合、

耳鳴りのキッカケとしてあげられるもの。

 

聞きたくない・考えたく無い・関わり合いたくないといった

心理は大きく耳に影響を与えます。

 

耳は聞き取ることよりも、
時にはシャットダウンして、余り情報を取り入れまいとする
「自己防衛」としての機能を働かせる場合があります。

 

このような状態がピークに達したとき、

耳に入ってくる音のシャットダウンや
突然のキーンと鳴る不快な音として、現れて来ることが考えられます。

 

次回は自宅での対策や治療について書きたいと思います。

 

------------------------------

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】です。

 

玉川学園前(徒歩0分)

〒194-0041
東京都町田市玉川学園2-11-21-3F
TEL 042-738-2211

 

休診日:日曜、祝日

平日・土曜も22:00まで営業しております。

 

新宿に系列院
【新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。

新宿整骨院のサイト→http://www.p-keiwa.com

 

相武台前に系列院
【恵和整骨院】もございます☆
相武台前駅からスグです。

恵和整骨院 → http://www.keiwa-seikotsu.com/

 

 

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。