カテゴリ: 肩関節

 

 

 

 

今回は、肩こりと湿布(シップ)の効能について、
お話ししていきます。

 

 

<肩こりとは??>

%e8%82%a9%e3%81%93%e3%82%8a%e7%94%bb%e5%83%8f

 

肩こりに悩まされている方は、多いのではないでしょうか?

 

①肩が重い。  ②肩が上がらない。 ③首や背中の痛み。

④頭痛がある。  ⑤眼の疲れがある。

 

 

などなど、いろんな症状があると思います。
肩こりとは、首や肩甲骨に付着している筋肉が緊張していて
筋肉が機能しなくなってしまうことを言います。

 

%e7%ad%8b%e8%82%89

 

本来、筋肉は収縮・弛緩することが仕事です。
それが、筋肉の過使用で収縮しっ放しや、
長時間同じ姿勢で、筋肉が伸ばされすぎると
筋肉もその形状を記憶してしまいます。
(短縮性クリープ・伸張性クリープ)

 

 

<肩こりのタイプ>

 

①内臓原因タイプ

 

心臓や胃が弱いために起こる肩こりになります。
内臓の疲労により、自律神経が乱れ、筋肉の緊張が高くなり
引き起こされるタイプです。

 

②ストレスタイプ

 

他人の目がすごく気になる、悩み事が多い、ちょっとしたことで
イライラしてしまうなどから起こる肩こりを言います。ストレスを感じると
人間は顎や肩に力が入りやすくなってしまいます。(交感神経優位)
その結果、力が抜け無くなり肩凝りになってしまいます。

 

③運動不足タイプ

 

デスクワークが多かったりスマートフォン、パソコンなどを
よく使用することから起こる肩こりを言います。
筋肉への血流が不足してしまい、筋肉の活動が鈍くなり、
筋肉が固くなってしまうタイプです。

 

④姿勢からくる肩こり

 

猫背やストレートネックなどで肩・頭が前に出る姿勢により
起こる肩こりを言います。体重60キロの方で頭の重さは約5キロと
言われています。首・肩の筋肉のみで5キロの頭を支えるのですから
頭が重心より前に突き出てしまう姿勢は、首には相当な負担に
なってしまうので、肩こりになりやすいイメージは出来るかと思います。

%e4%b8%8a%e5%8d%8a%e8%ba%ab%ef%bc%8d%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9

 

<湿布薬の効果>

 

%e6%b9%bf%e5%b8%83

 

ここで湿布薬の効能をお伝えしておきましょう。
湿布薬と言っても「冷湿布」・「温湿布」の二種類があります。

「冷湿布」は基本的に捻挫や打撲などの急性期に

症状を抑えるために使用します。

「温湿布」は基本的にコリや急性期を過ぎ慢性期になったときに
患部を温め血流を良くするために使用します。

 

先程お伝えしたように内臓原因タイプやストレスタイプなど
自分では原因を突き止められないものもあります。
そこで一刻も早く原因を突き止め改善していく為に、
ボディメンテナンスkeiwa整骨院での受診をお勧めします。

 

肩コリのページはこちら

 

ボディメンテナンスkeiwa整骨院
042-738-3150

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

「肩こりと湿布(シップ)の効能について」と関連のあるページはこちら