カテゴリ: 痺れ

 

 

 

こんにちは!
ボディメンテナンスkeiwa整骨院の柔道整復師の

杉野 裕樹です!!

前回の【”腕の痺れ”で口コミが良い町田市整骨院なら【ボディメンテナンスKeiwa整骨院へ!】

の続き『腕の痺れ!!』について書いて行きますね!

 

季節の変わり目で体調は崩されてはいないでしょうか?

 

①どうやって原因を突き止めるの?

 

悩む イラスト

 

 

私たちは、柔道整復師ですので、レントゲンやMRI
などは撮影することは出来ません!

なので、今回のテーマである『腕の痺れ!!』は
腕を上げたり抵抗を加えたりなど行う
徒手検査テスト
で鑑別を行って行きます。

確かに、レントゲンやMRIも優れていますが、
徒手検査テストでも、鑑別を行うことが出来ます。

 

②どうやってテストするの??

 

腕の痺れを起こす神経は何かというと
【腕神経叢】という神経の束が挟まれ圧迫を
受けて腕の痺れを訴える方がいらっしゃいます。

 

腕神経叢画像

 

 

 

 

 

 

 

写真中央に見える黄色い束が腕神経叢です。
この部分が近くに接している筋肉や骨に挟まれて
痺れを来たすことがあります。

当院では、まず問診や生活環境、
しっかりバックグラウンドまで診させていただき
そこから、解剖学的に検査を進めて行きます。

 

1、アドソンテスト

 

アドソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痺れが出ている腕の脈を触れながら
頚部を痺れが出ている手の方を向いてもらい
斜角筋という筋肉を緊張させ、神経が通る
斜角筋隙(トンネル)を圧迫させます。

すると、脈が触れなくなり痺れを伴い
症状が再現されたりします。

このテストで陽性になった場合は
胸郭出口症候群が疑われます。

③治療はどうするの??

この上記のテストでは、斜角筋の緊張が
原因として挙げられますので斜角筋が付着する
鎖骨や頚椎の位置の異常も考えられます。

斜角筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤が後ろに後傾すると、背骨が丸まって
肩が巻き込んできます。

すると、首が前に入って神経のトンネルが
狭くなります。

なので、骨盤からしっかり調整して
根本から治療することが大切です。

腕の痺れでお困りの方は、ぜひ当院へ
お越しください。

 

 

それでは!!!!!

 

 

■■子育てママ応援キャンペーン!!!■■

ボディメンテナンスKeiwaでは

お子様との来院を電話でお伝え頂ければ、なんと!

お子様と一緒に治療が受けられるように 個室をご用意しています。

バウンサーなども完備していますので、赤ちゃんと一緒でも治療可能です!!

お子様を一緒に連れて行けない為に 治療が受けられない方は、

ぜひ当院にご相談ください!!

 

キッズルーム写真

 

-----------------------------

町田市玉川学園前  小田急線玉川学園前より徒歩0分にある

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】です。

【各種健康保険取扱・自賠責保険・労災取扱】

玉川学園前(徒歩0分)

〒194-0041

東京都町田市玉川学園2-11-21-3F TEL 042-738-2211

 

休診日:日曜、祝日

平日・土曜も22:00まで営業しております。

 

 

新宿に系列院 【新宿整骨院】もございます☆

新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト

http://www.geocities.jp/katamomiplaza15/

 

相武台前に系列院 【恵和整骨院】もございます☆

相武台前駅からスグです。恵和整骨院

→ http://www.keiwa-seikotsu.com/

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。