カテゴリ: 未分類

 

こんにちは。杉ちゃんです。

今回は『椎間板ヘルニア』についてです。

みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

症状は腰痛やしびれがあることは知られていますが、

その原因は何なのかをご説明します。

 

脊柱(いわゆる背骨)は頸椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾椎に

わかれています。

それぞれ頸椎7個・胸椎12個・腰椎5個の骨が連なって

構成されているのですが、

椎間板ヘルニアというのは、その骨と骨の間で

起こる障害なのです。ヘルニアといえば腰椎。

というイメージがある方も多いかも知れませんが、

頸椎や胸椎でもまれに起こることがあります。

 

そもそも椎間板ヘルニアの『椎間板』とは何なのか。

椎間板は私たちの身体にとても重要な役割をしてくれているのです。

*椎間板とは

コラーゲンを含む線維軟骨です。

脊柱の骨と骨の間に存在します。

脊柱の上下の骨同士のクッションとなり

衝撃吸収機能をしています。また前後に

身体を動かすときにスムーズな動きを手伝ってくれています。

つまり、椎間板がないと骨自体に直接衝撃

がきてしまうということです。

では、そんな重要な役割をしてくれている椎間板が

どうやってヘルニアの症状を引き起こすのでしょうか。

 

*椎間板ヘルニアの原因

椎間板は私たちの体重や動作で常に圧力がかかっています。

座る・立ったまま前かがみになるなどの動作は

普通に立っている時に比べ、約2,5倍もの

圧力が加わっていると言われています。

ただでさえ圧力がかかっているのに、

普段の姿勢が悪いままその動作を

繰り返してしまったら・・・。

椎間板にはさらに圧力がかかってしまうというわけです。

それが繰り返されていくと椎間板の一部の組織が飛び出し

すぐ後ろを通っている神経を圧迫もしくは接触してしまいます。

これが椎間板ヘルニアのしびれや痛みの始まりなのです。

 

*椎間板ヘルニアの症状

・腰痛

・下肢のしびれ

どこの椎間板が飛び出したかによってしびれの場所が変わります。

例)第4腰椎と第5腰椎の椎間板ヘルニアの場合

外側のスネ~母趾にかけてのしびれ

・下肢の筋力低下

こういった症状が出てしまう前に、また強くなってしまう前に

予防・改善してあげることが大切になります。

 

*ゆがみとの関係

 

骨盤の歪みなどによって前後左右均等に動作が

出来ていないことが多いです。

 

デスクワーク中に脚を組んでしまっていませんか?

片脚だけに体重をかけて立ってはいませんか?

 

どこかが働けていないということは、そこをカバーしている

部分が必ずあります。

 

骨盤の歪み・姿勢が悪い=痛みに変わる原因を持っている

ということになります。

 

慢性的な腰痛に悩まされている方!!

腰だけが働きすぎて周辺の胸椎や股関節が

働けていない可能性があります。

それらの働きを分散してあげるだけで、腰への負担は

大きくかわってきて、痛みも解消されていくはずです。

 

まずは自分の姿勢・身体と向き合ってみてください。

私たちスタッフが患者様ひとりひとりの症状と向き合い

姿勢改善のお手伝いをさせていただきます。

 

 

 町田の整体!!町田の整骨院!! 町田で骨盤矯正!!

お悩みの方は当整骨院にご連絡ください!!

スタッフ一同お待ちしております!!

 

↓↓↓当院の詳細↓↓↓

 

『ボディメンテナンスKeiwa整骨院』

■住所 ・町田市玉川学園2-11-22 第17通南ビル3F

■電話 ・042-738-3150

■時間 ・13:00~22:00

■URL ・http://bm-keiwa.com

 

↓↓↓グループ店舗↓↓↓

『新宿整骨院』

■住所 ・新宿区西新宿1-14-17手塚ビル3F

■電話 ・03-3348-1056

■時間 ・11:00~21:00

■URL ・http://www.geocities.jp/katamomiplaza15/

 

『恵和整骨院』

■住所 ・相模原市南区相武台2-24-17

■電話 ・046-257-0059

■時間 ・

(月~金)       午前:10:00~13:00

午後:16:00~21:00

(土)        午前:9:00~12:00

午後:13:30~17:30

■URL ・http://www.keiwa-seikotsu.com

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。