カテゴリ: 捻挫, 足関節

こんにちは!

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8
ボディメンテナンスkeiwa整骨院の柔道整復師 杉野 裕樹です。
少しずつ、寒くなり運動を始める方も増えてきているかと思います。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8
皆さんも経験した方もいると思いますが、足首の捻挫など…
だけど、足首って…なんなの??という方が殆どかと、、

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

なので、今回は、『足の解剖学!』についてご説明していきます。
色々と、痛めてしまう事もありますよね??

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

様々な足の怪我

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

  • シンスプリント(疾走型、跳躍型など)

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

  • 有痛性外脛骨

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

あげれば、キリが無いほど色んな怪我があります。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

足の関節・靭帯の解剖学!

%e8%b6%b3%e9%96%a2%e7%af%80%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9 %e8%b6%b3%e9%96%a2%e7%af%80%e3%80%80%e5%be%8c%e6%96%b9%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

足関節は、脛骨・腓骨・距骨という骨から作られています。
骨組みだけでは、支えられないので骨の周りには、靭帯・関節包
存在しています。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

その骨を安定させてくれている靭帯が、
前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯・三角靭帯です。
他にも、脛腓靭帯なども大切な役割も担ってくれています。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

大体の足首の捻挫は、前距腓靭帯・踵腓靭帯の損傷が多いです。
内側に足首を捻ると、そこの靭帯が断裂したり、引き延ばされる形に
なってしまうのです。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

(足関節捻挫ページへ!)   

%e6%8d%bb%e6%8c%ab%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

これらの、靭帯を断裂してしまうと、伸びたビニール紐のように
なってしまうので、正しく固定を行わないと足関節がグラグラに
なってしまうのが、画像を見ても良くわかります。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

足の筋肉の解剖学!

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

その靭帯の次に関節を支え、安定性や動作を作り出す、
筋肉が存在しています。

%e4%b8%8b%e8%85%bf%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9%e4%b8%8b%e8%85%bf%e5%be%8c%e9%9d%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

足の筋肉には、足関節を安定させるのに重要な、

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

  • 前脛骨筋(安定性)
  • 後脛骨筋(足底アーチ形成)
  • 腓骨筋(足底アーチ形成)
  • 長母趾伸筋(ウィンドラス機構)
  • 下腿三頭筋(抗重力筋)

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

その他にもいろんな筋肉があり、役割があります。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

これらの筋肉が、体の使い方(右利きなど)によって
使われる筋肉が、限定されてしまったり、過使用されてしまうと
筋肉が疲労したり、壊れてしまい仕事をしなくなってしまいます。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

その結果、足首の安定性を膝でカバーするようになったり、
足首がグラグラでつま先の方へ重心を移動させてしまうと、
無駄な仕事を足の指に掛けてしまうことになって、外反母趾、内反小趾
足底筋膜炎などにも、つながってきてしまうのです。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

(外反母趾ページへ!)  (足底筋膜炎ページへ!)

%e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f足裏の痛み

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

画像を交えてイメージすると何となく、症状の原因が
診えてくるかもしれません。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%94%b9%e8%a1%8c%e7%94%a8

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。