外反母趾

こんなお悩みはありませんか?

  • 長時間歩くと足の親指が痛い
  • 足の指のつけ根が飛び出ている
  • 靴を脱いでもしばらく痛む
  • 親指が外を向いている
  • 痛みは無いが親指のつけ根が赤くなる
  • ハイヒールを履くのが辛い

%e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f

 

外反母趾とは、
足の第一指のつけ根の骨が変形して外側に突き出た状態のことです。
現代は外反母指で悩まれている方も多くなってきています。

 

ハイヒールを履いている女性に多いと言われることもありますが、
男性や子供にも外反母指は起きるものです。あなたも足の親指の付け根の痛みや、
赤く腫れているような状態になったことはありませんか?

 

症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに
痛みを感じるようになる場合があります。もし外反母指でお悩みでしたら
一度、ボディメンテナンスkeiwa整骨院へご相談下さい。

 

外反母趾の原因!

 

①外反母趾になる理由

 

大きく分けて外的要因と内的要因の2つがあると考えられます。
外的要因は、靴や姿勢の取り方による外側にある原因で、
内的要因は、身体の関節の緩さや捻挫の癖があるなど、構造的に
問題がある事を言います。もう少し、詳しくお話していきます。

 

【外的要因】

 

外的要因の例として、ハイヒールを履いたり、自分の足のサイズや形に合っていない
履き物を履くことがあげられます。サイズの小さいハイヒール何かを履いてしまうと、
踵が高いので、重心が前に移動してしまい、指先の負担が増えてしまいます。

 

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%80

重心が前に移動してしまうことで、足指に余分な力や握る動きが出てしまいます。
足趾の筋肉が疲労し、骨が筋肉に引っ張られ外観も変わってしまうほど変形し、
外反母趾になってしまうのです。

%e8%b6%b3%e8%b6%be%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9

なので、外反母趾は足の指だけが原因ではないのです。

 

 

【内的要因】

 

関節が生まれつき緩い事、足首の捻挫癖があり、足首の関節が緩くなってしまっている
外的要因から起きる筋力の低下などがあげられます。

また、私達の足は内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチ3つのアーチで構成されています。

 

%e8%b6%b3%e5%ba%95%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e7%94%bb%e5%83%8f
内側縦アーチ、外側縦アーチの2つの縦アーチだけが崩れて、土踏まずが無い状態の足を
『扁平足』と呼び、横アーチだけが崩れて、横幅が広がった状態の足を『開張足』と呼びます。

 

<開帳足>           <偏平足>

%e9%96%8b%e5%b8%b3%e8%b6%b3%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9  %e5%81%8f%e5%b9%b3%e8%b6%b3%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9
これらの足のバランスの悪くなった状態に加えて、母趾を内側に引っ張ってしまう
母趾内転筋・長母趾屈筋、伸筋・母趾外転筋という筋肉が働いてしまうような状態が
外反母趾を引き起こす原因にもなっています。

 

※ 参考文献 医学書院~ プロメテウス解剖学アトラス解剖学総論

 

外反母趾を悪化させない・改善するには!

 

構造を変えていく必要性!

 

外反母趾を治す為に、色んなエクササイズがありますが、やり方によっては、
逆に外反母趾を悪化させてしまうことがあります。

なぜ、そんなことが起きてしまうかというと筋肉の作用の逆転や構造が変形しているために
筋肉本来の動きが遂行できていないからです。

筋肉の名前の通り、外反母趾と逆に働いてくれる母趾外転筋という筋肉を
ネットで見たからと一生懸命に鍛えてしまうと、それが、効果的な方も
いらっしゃるのですが、外反母趾の角度が重度な方が、行ってしまうと
筋肉の作用の逆転によって母趾外転筋が外反母趾を強めてしまう筋肉
なってしまうからです。

 

<母趾外転筋 正常>      <母趾外転筋 異常なポジション>

%e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be-%e6%af%8d%e8%b6%be%e5%a4%96%e8%bb%a2%e7%ad%8b    %e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%80%80%e6%af%8d%e8%b6%be%e5%a4%96%e8%bb%a2%e7%ad%8b

 

 

骨の位置によって、筋肉の作用が変化してしまうので、
この画像のようになってしまうのです。

 

ですので、しっかり自分自身の構造を理解していただき
それにあったトレーニングや調整を行っていかないと悪化させてしまうのです。

 

 

 

外反母趾のボディメンテナンスkeiwa整骨院での治療!

 

外反母趾は重心の調整が大切!

外反母趾は、重心の位置や使い方(歩き方)に問題があることが多いです。
何故かというと、外反母趾は足の指だけが問題ではないからです。

イメージして頂けると分かりやすいと思うのですが、

 

  • つま先に重心
  • 踵(足首の上)重心

 

どちらの方が、外反母趾になりやすいと思いますか?

 

日本の姿勢教育は、胸を張る文化です。
あまり、海外では胸を張る姿勢というのは、文化的にはないようですが、、
どの解剖学の教科書にも書いてあるのですが、背骨の中でも【胸椎】という
皆さんが胸と言っている場所は、丸まっている構造(後弯)をしています。

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e5%bc%af%e6%9b%b2%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%86%e3%82%a6%e3%82%b9

 

 

本来丸まっている構造の胸椎の反らしてしまうと、お腹が前に出るような格好になります。
そうすると、つま先に重心が移動しませんか??

 

皆さんも、何の意識もせずに立って自分の足に加わる重心を確認してみてください。
つま先の方へ重心がかかっていませんか??

 

逆に、胸を丸めるように立ってみてもらうと重心が踵の方へ移動しませんか?

 

本来、重心の加わる位置は、足首の上なのですが、
それよりも重心が前に掛かってしまうと足の指に体重が加わってしまい
足の指の筋肉や骨・靱帯に無駄な仕事をさせてしまいます。

 

ですので、胸を張ってしまうだけで重心がつま先に重心が移動してしまい、
外反母趾になりやすい環境になってしまうと言えるのです。

 

ボディメンテナンスkeiwa整骨院では、外反母趾に対して
足の構造だけを治療するのではなくて、骨格を外反母趾になりにくい
改善しやすい骨格ににしていくことを目標に治療を進めていきます。

 

<整体メニューへ!>        

調整

 

もう、皆さんはつま先に重心があるのと、踵側に重心がある
どちらが、機能的かわかりましたよね??

 

少しでも、ボディメンテナンスkeiwa整骨院がお力になれればと思います。

 

 

この対処症状は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの対処症状は役に立ったと言っています。

「外反母趾」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス

町田のボディメンテナンスKeiwaへのお問合せ・ご予約はこちら

電話番号:042-738-3150
TOPへ戻る