坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 足(脚)の痺れがなかなか、治まらない。
  • 前屈みになると、足(脚)の痺れが出る
  • 長時間歩くと足(脚)の痛み、痺れが出る。
  • 歩いていて、足(脚)が痺れて力が入りにくい。
  • 足(脚)を触ると左右の感覚が違う。
  • 腰から足(脚)にかけて痺れるように痛む。
  • 足(脚)の動かしやすさが左右で違う。

脚の痺れ

【必読!!】

坐骨神経痛でお困りの方は是非、お読みいただければと思います!

椎間板ヘルニアや梨状筋症候群などの坐骨神経痛は、今までの日常の不良姿勢や
生活習慣や行動の歪や負担が加わったことにより発症してくることが殆どです。
どこにも負担が加わっていなければ、ヘルニアや梨状筋症候群にならないと言っても
過言では無いかも知れません。結果(症状)があるという事は必ず原因があるのです。
そのことをご理解頂ければと思います。

その痺れは、病気や障害など隠れているかも知れません。
安易に考えず、ボディメンテナンスkeiwa整骨院へ受診することをお勧め致します。

 

 

坐骨神経痛の原因 ~町田 ボディメンテナンスkeiwa整骨院

 

①坐骨神経痛ってなぁに?

 

お尻から足(脚)の方へ続く坐骨神経神経が、筋肉などに圧迫・挟み込まれにより
それに伴い腰痛もしくは、“お尻~足(脚)先までかけて痺れやピーンっ!!”と
電気が走るような痛みを坐骨神経痛と言います。

 


腰痛だけや、お尻だけ痺れたり、足先の違和感など、症状は様々です。

 

②坐骨神経痛にも色々な種類がある!

 

【根性坐骨神経痛、腰椎性坐骨神経痛】
坐骨神経の付け根(出口)が圧迫され、痛みを伴うもの。
椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など関節の構成しているものが、
壊れてしまっている事が原因となっている事が多いです。

 

【梨状筋性坐骨神経痛】

梨状筋というお尻にある筋肉(図を参照)が不良姿勢などが原因で硬くなり、
坐骨神経圧迫を圧迫することにより発症するタイプ。梨状筋症候群といわれるもの。

 

梨状筋

 

【症候性坐骨神経痛】

神経の圧迫などが原因ではなく、今の医療では原因が特定できず
治療が難しいタイプ。
坐骨神経痛には、色々と種類が存在するので、どこに該当するのか?
をしっかりと鑑別していく必要があります。

 

 

坐骨神経痛を伴う病例!

 

・脊柱管狭窄症
・腰部椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
・腰椎分離症
・腰椎すべり症
・脊椎、脊髄の癌(腫瘍)
・骨盤内の癌(腫瘍)

 

重篤な病気も含まれているので、安易な考えはしない方が良さそうですね。

 

 

坐骨神経痛の解消法!! 町田 ボディメンテナンスkeiwa整骨院

 

 

◆トリガーポイントをテニスボールなどで刺激して痛みを和らげる解消法。

お尻の筋肉に硬さがあり、試した時に症状が再現される時は非常に有効的です。
お尻の筋肉を狙いボールやタオルで玉結びを(2回結ぶ)を用いて緩めることにより、
関節の動きや、筋肉による神経の圧迫を和らげ、症状を緩和できるかもしれません。

 

<やり方>

 

・まず、ボール(テニス・ハンドボール・野球ボールも可)を準備します。
もし、自宅になければタオルは2回位、玉結びにして結び目を作ります。
フェイスタオル

※お尻に行う際は、ゴルフボールなどは小さくお勧めしません。
・上向き、もしくは横向きで寝て、ボール、タオルの玉結び部分をお尻の下に差し入れます。
ボールやタオルの上を転がし、痛みがズーンっと、響く所を探していきます。
ものすごく響いたり、症状が再現されるポイントがあると思います。
見つけた時は、転がすのを止めてそのポイントで30秒~1分響く感じを続けて下さい。
しばらくすると、痛みに慣れてくると思います。

 

それは筋肉が緩み、トリガーポイントを抑制できている証拠です。
響くところを見つけ、繰り返し行って下さい。
トリガーポイント(臀部)

画像の✖印を狙い行うと響くことが多いです。

 

実施後に、症状が強くなる場合は無理に行わないようにしてください。

 

町田 ボディメンテナンスkeiwa整骨院  坐骨神経痛の治療法!

 

すごく大切なことを述べますが、どの治療にも共通しますが、
痛みを出している原因の背景を考える事がとても大切になってきます。
そう考えて根本を見つめる方が私の経験上、改善に近くなります。

 

・脊柱管狭窄症
・腰部椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
・腰椎分離症
・腰椎すべり症   etc…

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc

 

上記の症例など、多くの患者様に来院して頂いています。
当院では、どの患者様にも何故?そこの腰部の椎間板や神経に
負担が加わってしまったのか・・?など、分かりやすく解説し、治療を行っています。

 

【重要ポイント!!】 ~治癒に近づく解説!

 

★町田 ボディメンテナンスkeiwa整骨院での治療!

①一人一人の骨格を分析しその方に合った骨盤矯正・骨格矯正を!!

 

骨格が歪んでくると、動きやすい方向と動かしにくい方向に分かれてきます。
そうすると人間は楽な方を選んで行動してしまうので、運動パターンが決まってきます。
右利きだと右手ばかりで、モノを掴んだりといった運動パターンですね。
皆さんも心当たりがあるかも知れません。

その動きを続けていると、片側の骨や筋に負担が加わってきますよね?
なんとなくイメージができるかと思います。

いっぱい動いて、働いて… それが積もり積もると、身体の修繕能力が
追い付かなくなり椎間板が壊れて椎間板ヘルニア、筋肉が硬くなり過ぎて神経を
圧迫して梨状筋症候群 etc… となる訳です。

 

骨格の歪み

 

 

骨格が歪みが根本原因となり、椎間板や神経の負担増強!!
十人十色と言ったように、歪みも人それぞれです。

 

しっかりと歪みを分析し、骨盤矯正・関節、筋肉を矯正、歪みを整え
町田 ボディメンテナンスkeiwa整骨院では、治療を行っていきます。
例:トリガーポイント療法、オリジナル姿勢矯正、仙腸関節調整 etc…

もし、坐骨神経痛でお困りの方は、町田 ボディメンテナンスkeiwa整骨院へ
ご相談ください!!お待ちしております。

 

 

この対処症状は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの対処症状は役に立ったと言っています。

「坐骨神経痛」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス

町田のボディメンテナンスKeiwaへのお問合せ・ご予約はこちら

電話番号:042-738-3150
TOPへ戻る