カテゴリ: むちうち, 交通事故

 

こんにちは。

町田市のボディメンテナンスKeiwa整骨院です。

夏に向けて、交通事故が増加する傾向にあります。

くれぐれも運転にはお気をつけください!

 

今回は、交通事故で起こりやすいケガ

【むちうち】についてです。

正しい知識で治療していく事が重要です。

むち打ちにも種類がありますので、

正しく理解しておく必要があります。

 

 

【むちうち】とは?

交通事故は一度に大きな外力がかかります。

その際に、人間の身体は大きく揺さぶられてしまいます。

シートベルトで身体は固定されますが、

首や頭は事故衝撃と同時に、

外力を受けた方向~その反対方向へと振られてしまいます

そうして起こるのが【むちうち】です。

交通事故で起こる【むちうち】には

症状や原因によって、様々な分類に分けられます。

 

分類1『頸椎捻挫型』

交通事故による【むちうち】の8割程度が

頸椎捻挫型に当たります。

【原因】

交通事故の衝撃で首が大きく振られる事により

首~肩の筋肉や靱帯関節の軟部組織を損傷するものです。

【症状】

首の痛み、首の重さ、首のだるさ、頭痛、引きつり、

腕の痺れ、腕のだるさ、力の入りにくさ、首が動かせない

肩のこり、背中の張り、全身の緊張など

【治療】

写真のように、首には無数の筋肉や靱帯が存在しています。

外力の大きさや、外力を受けた方向によって損傷する組織が異なります

交通事故で損傷が多い筋肉は、

肩甲挙筋、僧帽筋、斜角筋、板状筋などがあります。

ひとりひとり事故状況と症状を照らし合わせて、

損傷している筋肉に対して治療をしていきます。

町田市のボディメンテナンスKeiwa整骨院の交通事故治療は、

手技で筋肉を緩めたり、関節を動かす関節運動療法と

ハイボルテージ療法マイクロカレント療法という

炎症を抑え、治癒力を促進する電気治療を組み合わせて行います。

 

分類2『根症状型』

【原因】

交通事故により、強い外力が加わり

首~背中の脊柱のアライメント(正常な位置)が崩れてしまいます。

脊柱には神経を通す管がありますが、

骨の位置が変わることにより、

中を通っている神経を圧迫したり、引き伸ばしてしまい

直接、神経を損傷してしまうものです。

【症状】

安静時の首の痛み、首の可動域減少、肩のだるさ、

首の痺れ、腕の痺れ、背中の痺れ、握力低下、

吐き気、めまい、頭痛、全身の緊張、倦怠感など

【治療】

首の筋肉の奥には血管や神経があります。

根症状型は、筋肉よりも奥の部分を損傷するため

症状が長引く可能性が高いものです。

まずは、神経周囲や筋肉の炎症を緩和していきます。

組織の修復には、ハイボルテージ療法

マイクロカレント療法など電気治療を行います。

必要に応じて、頸椎カラーなどで固定治療をすることもあります。

神経過敏な場合は、刺激量の少ない治療から行います。

その後、首の関節の位置調整や関節運動療法を行います。

 

 

交通事故後のむちうち治療は町田市のボディメンテナンスKeiwa整骨院へ

 

むちうちと言っても、分類や症状によって

治療の内容や治療期間は変動します。

むちうちの症状が残って後悔しないように、

交通事故後の治療は早期から開始することが重要です。

ボディメンテナンスKeiwa整骨院では、

数多くの交通事故患者様を治療し、

むちうち治療に自身があります!

 

交通事故でのむちうちについてのご相談も受けつけています。

平日、土曜 夜22:00まで営業(土曜日は隔週で19:30まで)

交通事故の治療・リハビリで整骨院をお探しの方、

ぜひご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。