更年期障害

こんなお悩みはありませんか?

  • 顔のほてり、のぼせ
  • 身体が怠い、疲れやすい
  • 頻尿、尿漏れ
  • 物忘れが酷くなる
  • 多汗

更年期障害とは、閉経を迎える前後の時期に起こる障害です。

女性は閉経とともに、ホルモンバランスの変化が大きいため、女性ならでは悩みとして認識されていることが多いですが、男性にも更年期があると最近では言われ始めています。

代表的な症状に、顔のほてり・気分の落ち込み・イライラ・手足の冷えなどがあります。

個人差はありますが、40代半ば~50代頃が『更年期』の目安と言えます。

当院の更年期障害への施術

町田市のボディメンテナンスkeiwa整骨院の更年期障害の施術は、筋肉・自律神経・内臓器・東洋医学からアプローチします。

姿勢の歪みを整える施術

筋肉の緊張を取り除き、呼吸を深くしやすく、睡眠をサポートしたり気持ちを落ち着ける効果があります。

また、脊柱に自律神経である交感神経と副交感神経が通っています。脊柱や姿勢の歪みを整えることで神経の働きを助けていきます。

 

 

 

内臓機能へ鍼灸でアプローチ

自律神経は自身では意識的に調節出来ない神経の為、リラックスする時間を増やしたり、内臓機能を落ち着ける必要があるため、東洋医学を交えた鍼灸をおすすめしています。

 

整体で筋肉や脊柱の緊張緩和、鍼灸で内臓や自律神経へのアプローチを併用が可能です。

更年期障害でのお悩みは 町田市のボディメンテナンスKeiwa整骨院へご相談下さい!

更年期障害へのおすすめ施術メニュー・料金

初診料 1,100円
整体スタンダード 6,500円
整体ライト 3,800円
鍼ショート 6,000円
鍼ミドル 8,100円
初回は初診料(1,100円)が必要になります。
症状に合わせて施術を行います。
料金表の詳細はこちら
アクセスの詳細はこちら

更年期障害の原因

更年期では、閉経に向けて卵巣の機能が低下し始めます。

卵巣は、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌しているため、卵巣機能が低下すると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量も減少することになります。

エストロゲンの分泌量の司令塔は脳の視床下部という部分です。

エストロゲンの減少が自律神経に影響

閉経前は卵巣機能が低下しエストロゲン分泌量が減少するため脳がエストロゲン量を増やすように卵巣へ指令を出しますが、機能低下した卵巣は女性ホルモンを増加させる事が出来ないため、脳の自律神経調節などに負担がかかり、イライラ・顔のほてり・気分の落ち込みなどが生じると言われています。

ホルモンバランスを調節する上で、卵巣と脳の関係が深いため身体の悩みだけではなく、精神的な症状もでてくるのです。

 

ご自宅でできる更年期障害の解消法!

ご自宅では症状を緩和してくれる飲食物を摂って頂けると良いと思います。

更年期障害というのはホルモンの急激な変化により、脳神経が異常に高ぶってる事により様々な不快症状を引き起こします。

 

脳の興奮を抑えてくれる食材

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba

  • バナナ
  • チーズ、乳製品
  • 大豆製品
  • 野菜全般
  • 魚類全般
  • ハーブティー
  • ココア
  • ハチミツ飲料

 

取りすぎ注意!脳の興奮を増大させる飲食物

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

  • カフェインを含有している物(コーヒー、紅茶、コカコーラなど)
  • 糖類を多く含んでるもの
  • アルコールの摂り過ぎ
  • 味の濃い中華料理

 

 

この対処症状は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの対処症状は役に立ったと言っています。

「更年期障害」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス

玉川学園のボディメンテナンスKeiwa整骨院 お問合せ・ご予約はこちら

電話番号:042-738-3150
TOPへ戻る
代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 杉野裕樹
運営会社:有限会社フィジィカルリフレッシュ恵和