脊柱管狭窄症

こんなお悩みはありませんか?

  • 足がしびれている
  • 腰の痛みがある
  • 長距離歩くと症状が悪化する
  • 少し休むと楽になる
  • 前かがみになると楽
  • 腰を反らすと痛い

脊柱管狭窄症とは

脊柱は椎骨とその間を支える椎間板や黄色靱帯などで構成されています。
その内側に脊髄神経が通る管があり、それを脊柱管と呼びます。
脊柱管狭窄症は骨の変性や黄色靱帯の肥厚が原因
脊柱管が狭窄されてしまい、脊柱管を通っている神経や血管を
圧迫して 腰痛や下肢(太もも裏~ふくらはぎあたり)に痺れを出す疾患
です。

他にも、脊柱管を通る馬尾神経が狭窄されたまま悪化すると尿障害が出ることがあります。

 

脊柱管狭窄症の4つの特徴

1、下肢(太もも裏~ふくらはぎあたり)に痺れがある

安静にしていると落ち着いていますが、
長時間立っていたり、歩行していると痺れが強くなっていく特徴があります。
痺れの範囲は太ももの裏~ふくらはぎやスネのあたりにでます。

 

2、間欠性跛行がある

リラックスする人のイラスト(高齢者・男性)間欠性跛行とは長時間歩行していると症状が酷くなりますが
座ったり前かがみになって休むと症状が改善し、また歩行が可能になります。
これを繰り返すことを間欠性跛行といいます。 脊柱管狭窄症特有の症状といえます。

 

3、中高年である

足腰が弱い高齢者のイラスト(男性)脊柱管狭窄症は繰り返しの負担による骨の変性や
黄色靱帯が肥厚することで脊柱管を狭くしてしまいます。
若年層では関節や靱帯に水分量も多く脊柱管狭窄症にはなりにくく
腰椎椎間板ヘルニアになる事が多いです。
脊柱管狭窄症は40~50代以降の方に起こりやすい疾患です。

 

 

4、腰を反らすのがつらい

お尻をぶつけた人のイラスト(男性)脊柱の構造上、背骨を真っ直ぐから反らしていくと
脊柱管のスペースは狭くなっていきます。
その為腰を反らすと腰の痛みが増したり、痺れが出る事が特徴です。
逆に背中を丸める動作は脊柱管のスペースができ痛みがでないことが多いです。
そのためカートなどを押して歩くと楽に歩けます。

脊柱管狭窄症の一般的な治療法

 

1、コルセット固定

患部の炎症を増悪させないようにコルセットで安静に過ごします。

 

2、リハビリ

腰の温熱療法や牽引などのリハビリを行います。

 

3、湿布や痛み止めの処方

非ステロイド性抗炎症薬やプロスタグランジンなどを服用する事で痛みや炎症の改善を図ります。

当院の脊柱管狭窄症の治療法

当院では、
原因の特定(筋・関節・神経) × 解剖学的なアプローチ
                   を大切にしております。
まず、検査を行い脊柱管狭窄症による症状なのか?
どの程度の状態なのか分析し治療する対象を見極めます。

 

患者様一人ひとり原因は異なるので、丁寧に問診・検査・触診を行います。
脊柱管を狭窄してしまう姿勢にならないように、
腰部周囲の筋肉だけでは無く 股関節や足関節の調整から行う事もあります。
また、日常生活での不良姿勢が引き金となっている場合もあるので
患者様の普段の過ごし方についても指導させて頂くこともあります。
  

治療法 

  = けいわ式骨格矯正+keiwa式トリガーポイント+筋膜調整

 

 

オススメコースはこちら

整体20
 
 
<メニューの詳細はこちら>

ギックリ腰(急性腰痛)でお困りの方はぜひ、ご相談ください!!

 

 

 

痛みや辛さが出るには必ず「原因と過程」があります。

私たちは解剖学や運動学をベースに問診・徒手検査・効果検証を行い、
疾患を推測しアプローチすることで早期改善を図っていきます。

数多くの患者様にご利用いただき、治療技術や専門的知識を指示いただいております。
多くの臨床例から患者様の早期回復を目指します。

お仕事帰りでのご利用や用事のついでになどご通院に便利な立地にございます。

 

急な怪我やギックリ腰など急性症状にもご対応が可能です。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷でお困りの方はご相談ください。

当院では数多くの交通事故患者様のご対応を行ってまいりました。
整形外科の通院や保険会社さんへの相談事、治療をどのようにしていったら良いか?
様々な疑問に対しても丁寧に対応しておりますので、お困りの方は一度ご相談ください。

当院では様々な症状の患者様がお越しになります。適応範囲外の疾患が推測される場合は
近隣の病院・クリニック・総合病院への紹介を行います。

お子様連れでも大歓迎です!子守りもさせていただき育児で奮闘する“ママ”を応援しております!

 

 

 

 

 

 

 

この対処症状は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの対処症状は役に立ったと言っています。

「脊柱管狭窄症」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス

玉川学園の玉川学園前のKeiwa整骨院・鍼灸院 お問合せ・ご予約はこちら

電話番号:042-738-3150
TOPへ戻る
代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 杉野裕樹
運営会社:有限会社フィジィカルリフレッシュ恵和